タミフルはインフルエンザの腰痛に効き風邪に効果なし

 タミフルは通常インフルエンザを改善するための薬として使用されます。現在、インフルエンザ治療薬としてタミフルは最も一般的に使用されています。効能としては、インフルエンザを引き起こす原因となるウイルスに感染してしまった場合に48時間以内に服用することによって重症化を防ぐことが期待てきるため購入する人が多くいます。発熱だけではなく、頭痛や腰痛などといった痛みについても緩和してくれます。
 タミフルが効く仕組みとしては、ウイルス表面のタンパクの部分に蓋をすることによってそれ以上ウイルスの増殖をしないようにウイルスをブロックするというのが仕組みです。
 ただ、タミフルが効くのはインフルエンザが活動している間だけです。つまり、普通の風邪には効き目がありません。ただ、普通の風邪とインフルエンザとの境目がつかないときに関しては風邪の場合でもタミフルをまれに処方することはあります。
 タミフルなどのインフルエンザ治療薬で誤解されがちなこととしては、この薬はあくまでウイルスの活動を抑制するために開発された薬となっています。ウイルスを死滅させるための薬ではありません。
 服用後には一時的に熱を下げてくれる効果はありますが、それですぐに治ったと考えることは禁物です。じっくりと水分をとって安静にしていることが大事です。無理をしてしまうとインフルエンザが再発するだけではなく、タミフルの効果自体が薄れてしまいますので注意を要します。
 それから、タミフルは48時間以内に服用しないと効果があまりなくなってしまいますので、インフルエンザのかかりはじめにしっかりと飲むという習慣をつけておくことが大事です。
 副作用などもいくつかありますので、服用する前に医師や薬剤師と相談しておいたほうが確実といえます。

ページトップへ