タミフルは飲んだ瞬間に元気になれる!?

インフルエンザの治療薬でよく知られているタミフル、抗インフルエンザ薬として処方される人気の高い薬です。
タミフルは、その効能から「インフルエンザ=タミフル」と言われる程、効き目があります。
どのような病気にも言えると思いますが、さすがに飲んだ瞬間には元気にはなれません。
ですが発症から48時間以内でしたら効果は十分にあります。
タミフルはインフルエンザAとB型に効果があるとされていますが、より効果が高いのはA型だそうです。
ではタミフルはどのようにして、インフルエンザを治癒に導いてくれるのでしょうか。
感染したウイルスは体内で増殖を始めます。
1時間でたった1つのウイルスが実に120万にもなるのです。
かなり急激な増殖ですので、体に症状が出始めるのも速いことは、インフルエンザの罹患の経験があれば理解できると思います。
急激な症状が出始めて48時間以内に医師の診断を受けて、服用したタミフルが体に入り効果を現します。
そのタミフル 効果でウイルスそのものの増殖を抑えてくれるのです。
48時間を越えてしまうと効果を発揮する事ができなくなるため、早めの受診と服用が何より大事とされています。
増殖しなければウイルスもそれ以上悪さはできないので、体調が悪化するのをストップできます。
タミフルはA型インフルエンザに対して、27時間程度で効果を発揮してくれます。
薬効の半減期は6~10時間の為、成人では1日2回の服用となっています。
更にウイルスが体から消えるまでに数日かかるために、3日から5日分処方されることが多いのです。
そのために発熱や症状が軽くなったからと言って、早めに出社や登校することを医師から制限されます。
無理して外出して周りの人に移してしまうことはぜひとも避けたいことです。
インフルエンザに罹ってしまったら、早めの診断を受けて早めに治療を開始することが、一番早く元気になる方法でしょう。

タミフルで症状がなくなったのに自宅待機?

インフルエンザに感染するとタミフルが処方され、薬の服用が始まります。
インフルエンザウイルスは鼻や喉の粘膜で増殖をしていきますが、タミフルを服用することによって細胞の中にウイルスを閉じ込め、これ以上増殖しないように食い止めることができます。
タミフルは服用を開始すると、おおよそ2日程度で症状が軽くなります。熱がなくなり、部屋の中を行き来できたり、食欲が出てきたりもします。そのため、学校や仕事に行きたくなりますが、インフルエンザに感染した場合、自宅待機期間が決められています。
子どもの場合、学校保健安全法により、解熱後2日を経過かつ発症後5日以上たたないと学校や幼稚園、保育園などに登校、登園できない決まりになっています。
大人の場合も会社によって異なりますが、おおよそ子どもと同じ期間自宅待機となっています。
タミフルを服用し、症状がなくなったにも関わらず自宅待機になるか、疑問に思いますが、これはインフルエンザウイルスの特性と関係があります。
インフルエンザウイルスは大変感染力が高く、強いウイルスです。タミフルはウイルスを鎮めるには効果がありますが、体内から輩出させることはできません。そのため、タミフルを服用し、熱が下がっても体の中にはウイルスがまだいる状態のため自宅待機になります。また、発症後3日目からくしゃみや咳、鼻水といった呼吸器の疾患が出てきます。くしゃみや鼻水にもウイルスは含まれているので、他の人に感染させやすくなってしまいます。さらに、熱が下がったからとタミフルの服用をやめてしまうと再び熱を出してしまうことがあり、自宅待機期間が大幅に伸びてしまうこともあります。
自宅待機期間中は外出を控え、家の中でもマスクを着用するなど他の人にうつさない工夫をするようにします。

タミフルが効かない!こんなときはどうすれば

タミフルはインフルエンザ治療薬として最も日本国内で処方されている薬であり、その治療実績は極めて豊富にあります。
実際の医学の場においてもインフルエンザに感染した後の初期段階で投与すれば症状の悪化を防ぎ治療することができるために重宝しているのですが、しかしながら中には「タミフルを飲んでも効果が無い」と感じられるケースがあるのも事実です。
ではこういった場合はどうすれば良いのかというと、これは症状によって正しい対応が異なります。
もし効果が無いというのが「すぐに楽にならない」ということであれば、残念ですが安静にして寝ていた方が良いでしょう。
タミフルはインフルエンザウイルスを攻撃する効果があるとはいえ、「増殖を防ぐ」というのが主目的になっています。
だからこそ感染初期段階の投与が重要とされており、インフルエンザウイルスが十分に増殖してしまった後ではあまり効果が見込めないことが多いのです。
具体的には症状が出てきてから24時間以内の投与が望ましいとされていますが、もし24時間以内に服用することが出来なかった場合にはとにかく安静にして体力を温存し、本来の抵抗力でウイルスを撃退していくのがベストとなります。
さて、しかし問題になるのはタミフルを服用した後で明らかに体調がおかしい場合です。
特に注意するべきなのが痰の絡んだ咳が出るようになるインフルエンザ肺炎で、これが悪化すると呼吸困難が引き起こされるリスクがあります。
抵抗力が十分に備わっている大人であれば呼吸困難を引き起こすまで悪化することはそう多くありませんが、抵抗力の低下している高齢者の場合はそうした状態になるまで悪化する恐れがあります。
タミフルはインフルエンザ発症後の初期に投与出来れば効果が高いですが、もし効果が見られないと感じたときにはまず安静にし、よく症状を見て危険だと判断した場合にはすぐに医療機関に相談するようにしてください。

■予防薬としてのインフルエンザ治療薬の解説
リレンザの予防投与について

ページトップへ