タミフルと高齢者と写真について

タミフルという名前の薬を聞いたことのある人も多いでしょう。これは代表的な抗インフルエンザ薬であり、インフルエンザウイルスに感染してから48時間以内に服用することで効果を実感できるということです。経口型の抗インフルエンザ薬でであり、インフルエンザA型とB型のどちらにも効果を発揮します。最近ではインフルエンザ感染者と同居している高齢者や、何らかの疾患を持っている人が予防のために服用することもできるようになりました。また、1日2回を5日間服用することが基本であり、途中で飲むのをやめてしまうのは良くありません。この薬にはウイルスの増殖を抑えるという働きがあるため、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用することが大切です。48時間を過ぎてしまうとほとんど効果が無くなってしまうので注意しましょう。タミフルの飲み方を詳しく知りたいという場合、写真付きで飲み方を紹介しているサイトもあるので探してみると良いかもしれません。インフルエンザと風邪は似たような症状が出ることもありますが、症状を引き起すウイルスの種類が異なっています。ちなみに、通常の風邪は咳や鼻水、喉の痛みなどの症状が一般的なのですが、インフルエンザにかかると40度近くの高熱が出ることがありますし、全身の倦怠感や筋肉痛、関節つなどの症状が5日程度続くこともあります。また、肺炎や気管支炎を併発してしまうこともありますし、体力のない子供や高齢者などは重症化しやすいので注意しましょう。タミフルというと異常行動などの副作用が心配だという人もいるかもしれません。メディアなどでも取り上げられたことがありますが、これはタミフルを服用したせいではなくインフルエンザが原因と考えられています。

ページトップへ