タミフルと新薬と適正について

インフルエンザは冬になると流行する感染症なのですが、タミフルという薬で治療をすることが多くなっています。また、最近ではタミフルではない新薬を処方されることもあるため、その正しい服用方法について知っておくと良いでしょう。タミフルは飲み薬なのですが、吸引タイプの新薬も注目を集めています。タミフルの副作用が心配な場合、このような新薬でインフルエンザを治療しても良いかもしれません。タミフルは副作用の少ない薬として知られており、適正使用することで効率よくインフルエンザを治療することができます。インフルエンザはかからないように予防することが最も大切であり、ワクチンの予防接種を受けることはもちろん、インフルエンザの流行前にタミフルなどの薬を飲むという方法も効果的です。もちろん予防接種や薬を利用しても確実に感染しなくなるというわけではありませんし、感染の確率が下がる程度だと考えておきましょう。しかし、感染しても症状を軽くすることができるため、予防は大切であると言えます。タミフルはもともとインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬ということですが、最近ではこの薬に耐性のあるウイルスも登場しています。この薬に耐性のあるウイルスが原因でインフルエンザになってしまった場合、新薬を適正使用すると良いでしょう。タミフルは世界初の経口錠剤タイプの抗インフルエンザ薬であり、カプセル状のタイプと子供が飲みやすいようにドライシロップのタイプがあります。ちなみに、この薬をインフルエンザの治療のために利用する場合、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用することが大切です。それによってウイルスの増殖を抑えることができるのです。

ページトップへ